body and diet

時間差、空腹時間を利用するとリバウンドなし?身体の仕組みを利用した簡単で健康的ダイエット法

時間差ダイエットとは 時間差ダイエットとは、1日を24時間ではなく、16時間と8時間の2つの時間帯に分け、8時間の間に食事を摂取するダイエット法です。16時間は食事を摂らず、空腹状態を作り出すことで、脂肪燃焼を促進し、痩せやすい体質に導きます。食事回数や食事間隔時間が減りやすい傾向にあり空腹時間ダイエットより少し難易度が高めです。 空腹時間ダイエットとは 空腹時間ダイエットとは、1日のうち、10時間以上、空腹時間を作り出すダイエット法です。空腹時間を作り出すことで、成長ホルモンの分泌を促進し、脂肪の燃焼を促します。全体的に朝は遅めの食事、夜は早めの食事など、時間差ダイエットよりも簡単に取り入れやすいのがポイントです。
body and diet

30代以降のダイエットの観点:痩せないはカロリーの取り過ぎという事実

カロリーの取り過ぎが痩せない原因 基礎代謝量や筋肉量の低下は、痩せにくい要因ではありますが、痩せない原因の本質はカロリーの取り過ぎにあると言えます。基礎代謝量や筋肉量を改善しても、摂取カロリーが消費カロリーを上回っていれば、体重は増加します。10代の成長や運動で消費されていたカロリーや、20代の働き盛りの消費カロリーそのままのように食事を摂っていては体重増加は避けられません。
Beauty tha study

化粧水に含まれるビタミンC誘導体の種類と効果︰若返りや肌荒れ防止、美肌効果が目白押し

化粧水に含まれるビタミンC誘導体には、以下の種類があります。アスコルビルリン酸Na アスコルビルリン酸Naは、アスコルビン酸とリン酸が結合したビタミンC誘導体です。アスコルビン酸に比べると刺激が少なく、安定性に優れています。最も安定したビタミンC誘導体です。肌への浸透力は高く、美白効果や抗酸化作用が期待できます。アスコルビルグルコシド アスコルビン酸グルコシドは、アスコルビン酸とグルコースが結合したビタミンC誘導体です。アスコルビン酸に比べると酸化に強く、肌への浸透力も高いため、敏感肌にも使いやすいです。肌への刺激が少なく、美白効果や抗酸化作用が期待できます。
Beauty tha study

化粧品の水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の違いと効果

ビタミンCは美肌の基本とも言える成分です。化粧品にもビタミンC誘導体として配合されており、シミやシワ、くすみなどの肌悩みに効果を発揮します。ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性の2種類があります。それぞれの特徴と効果について、詳しく解説します。
Beauty tha study

化粧品に含まれるセラミド成分の種類と効果の違いについて

ヒト型セラミド ヒト型セラミドは、人の肌にあるセラミドとほとんど同じ構造をしたセラミドです。肌との親和性が高い為しっかりバリア機能を発揮し、肌の水分を保持する効果が高いのが特徴です。また、肌のターンオーバー正常化させる効果や、肌の刺激を抑える効果も期待できます。合成(疑似)セラミド 合成セラミドは、天然セラミドを模して作られたセラミドです。。。。。。。。。ヒト型セラミドの種類ごとの効果 ヒト型セラミドはセラミドの横に数字がついたり記号がついたりしています。セラミド1(EOP)NPセラミドは、最も多く存在するセラミドです。 肌の水分保持 肌の乾燥を防ぐ バリア機能が高い 肌荒れ防止 セラミド2(NS)肌の水分保持 肌の乾燥を防ぐ セラミド3(NP)
Beauty tha study

セラミド配合化粧品は肌の安定をはかる上でとても重要!敏感肌・アトピー肌・乾燥肌・ニキビ肌の肌質改善にも。

セラミドは、肌のバリア機能を高める上で重要な成分です。セラミドは、肌の角質層に存在する細胞間脂質の一種で、肌の水分保持とバリア機能を担っています。セラミドが不足すると、肌のバリア機能が低下し、乾燥や肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなります。セラミド配合化粧品は、セラミドを補うことで、肌のバリア機能を高め、肌の安定をはかる効果が期待できます。セラミド配合化粧品は、敏感肌・アトピー肌・乾燥肌・ニキビ肌など、さまざまな肌質の人におすすめです。
Beauty tha study

洗顔の正しい使い方と目的の意味

洗顔の目的 洗顔の目的は、主に以下の3つです。 皮脂や汚れを落とす 毛穴の詰まりを解消する 肌を清潔に保つ 皮脂や汚れは、肌の乾燥やニキビ、毛穴の詰まりなどの原因となります。洗顔によって皮脂や汚れを落とすことで、肌トラブルを予防することができます。また、毛穴の詰まりを解消することで、肌の透明感やツヤをアップさせることがで
Beauty tha study

医薬品の乳酸菌を毎日摂取でお肌綺麗に、若々しく、健康的な姿で過ごす

近年、健康志向の高まりとともに、乳酸菌の摂取に注目が集まっています。乳酸菌には、腸内環境を整えるだけでなく、美肌やアンチエイジングなど、さまざまな効果が期待されています。その中でも、医薬品の乳酸菌は、より高い効果が期待できると言われています。医薬品の乳酸菌は、一般的なサプリメントに比べて、乳酸菌の種類や数、含有量が豊富に配合されているためです。医薬品の乳酸菌が美肌に効果的である理由、アンチエイジングや健康に有用な効果をもたらす理由
Beauty tha study

シルク寝具とシルク衣料で美容ケア!寝ている時間もながら美容がおすすめな訳

シルク寝具とシルク衣類には、以下の美容効果が期待できます。 肌の保湿・乾燥対策 シルクは、天然保湿因子(NMF)を多く含んでいるため、肌の乾燥を防ぎ、潤いを保つ効果があります。また、シルクは吸湿性も高いため、寝ている間に汗をかいても、肌をサラサラに保つことができます。肌以外の他に、潤いを保ち静電気防止効果で髪はまとまりツルツルヘアに。手足はカサカサしにくく若々しい姿を保つ効果が期待できます。
Beauty food

物価高の今だからこそ実践したい!安くて効果の高い美容法

【お金のかからない効果の高い美容法と少額でコスパのいい美容法】美容に良い方法は世の中いくらでもあります。色々な美容法を試してきて、薬学の知識も少しつけたいと調剤薬局にも勤務したりしてきました。そんな私が常々感じていることは、美しさは一朝一夕でならず、内側から滲み出してくるものだということです。外側だけ取り繕う、スキンケアのみに力を入れたのでは限界があります。そして勿体ないことです。 美容法=まずは身体を労うこと・美しくなれる食べ物を日々選ぶこと。 これが大切です。