酢納豆のデメリット ナットウキナーゼを殺す・血栓予防には効果なし?

納豆には、ナットウキナーゼという、とても有名な栄養成分があり、このナットウキナーゼという成分は、強力な血液のサラサラ効果や血栓予防の効果があるため、積極的に取り入れている方も多くいらっしゃいます。

近年では、高血圧予防や、腸活ダイエット、便秘に良いと酢納豆が流行っていますね。メリットも多い酢納豆ですが、デメリットが意外にも大きいのはご存知でしょうか?

デメリットと効果的に摂取する方法を詳しく解説します。

酢納豆とは?

酢納豆とは、納豆に酢を加えて混ぜ合わせた食べ物です。

組み合わせると上昇する効果は以下の通り。

酢を加えることにより、納豆の鉄分の吸収が促進されると言われており、健康に良い食べ物として人気があります。

納豆と酢の両方には、高血圧を予防するW効果があります。また、疲労回復に効果のあるクエン酸も摂取することができます。

効能は?どんな人におすすめ?

酢と納豆の効能

納豆の効能

  • 良質なタンパク質
  • 血液サラサラ効果や血栓予防→酢納豆で効果消失
  • 栄養成分が豊富

お酢の効能

  • 毎日大さじ1程度で内臓脂肪を減らす効果
  • 酢と同時摂取したカルシウム吸収率のアップ
  • 腸の中の善玉菌を増やす効果

酢納豆の効能と酢納豆がおすすめの人

酢納豆には以下の効能が期待されています。

  • 美肌効果
  • 鉄分の吸収を助けてくれる効果
  • 疲労回復効果
  • 高血圧予防効果
  • 整腸効果
  • 内臓脂肪を減らす
  • 風邪予防効果
  • 骨粗鬆症予防効果

この中で特に期待されているものは鉄分不足解消、高血圧予防と整腸効果です。

酢納豆は、以下の人におすすめです。

  • 鉄分が不足している人
  • 高血圧気味の人
  • 美肌になりたい人
  • 疲労が溜まっている人
  • 便秘気味な人
  • 腸活+ダイエットをしたい人
  • 骨粗鬆症が気になる人

お酢と納豆は共に高血圧予防のW効果が高く成分の組み合わせもとても良い為、高血圧の方や、予防にオススメです。

鉄分の吸収も良くなります。また整腸効果も高く、便秘改善やダイエット効果も見込めます。

酢納豆のデメリットと注意点

酢納豆には、大きなデメリットもあります。これらのデメリットと注意点を説明します。

ナットウキナーゼを破壊する?酢納豆のデメリット

納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓を溶かす働きのある酵素ですが、酢を加えることでその働きが弱まってしまいます。

そのため、酢納豆は血栓予防には効果がないと考えられています。

また、酢納豆は酸性の食べ物なので、胃の粘膜を傷つける可能性があります。そのため、胃が弱い人は酢納豆を控えたほうが良いでしょう。

酢納豆の注意点

  • ナットウキナーゼの活性が低下してしまうので、血栓予防には効果がない
  • 酸性の食べ物なので、胃の粘膜を傷つける可能性がある
  • 酸に不安定な、パントテン酸、葉酸、摂取できなくなる
  • 食べすぎると酵素のとりすぎでお腹を壊す場合がある

酢納豆のおすすめの食べる量は、1日1パックです。酢納豆を1日1パック食べれば、健康に良い効果を期待することができます。

ちなみに納豆だけでいえば、1日に1〜3パック程度食べるのが適量です。

オススメの食べるタイミングは?

デメリットをふまえてオススメの摂取タイミングを紹介します。

基本的なオススメの摂取タイミングとは?

基本的なおすすめの食べるタイミングは、です。

朝は、体が鉄分を必要としている時間帯なので、酢納豆を食べることによって鉄分の吸収を助けることができます。

また、酢納豆には疲労回復に効果のあるクエン酸も含まれているので、朝に食べて疲れを吹き飛ばすことができます。

鉄分不足や高血圧ぎみの人のタイミング

朝食に食べるのがおすすめです。

酢納豆には鉄分が豊富に含まれているので、朝食に食べると、1日の活動に必要な鉄分を補うことができます。

また、高血圧を予防する効果が高い方も、鉄分吸収のことを考えるとメリットが大きくなります。

ダイエットや腸活の人のタイミング

夕食の早い段階で食べると最大限の効果が見込めます

酢納豆には、食物繊維が豊富に含まれているので、夕食に食べると、便秘の予防にも効果的です。

また、腸活やダイエットも狙っている方は、お酢の内臓脂肪を減らす効果も得られつつ、食事の早い段階で酢納豆を食べることで満腹感も増し、食べ過ぎの予防もできます。

ただし、血栓予防効果は捨てた方に限りますので、基本のおすすめはです。

血栓予防を狙う人のタイミング

1日1パックのみ摂取の方は、そもそも、血栓予防を効果が得られないので酢納豆ではなく、酢なしの納豆を夜に食べましょう。

主に血栓ができるのが寝ている夜の為、

万が一、夜に酢納豆を食べてしまうと、ナットウキナーゼが壊れている為、血栓を防ぐことができなくなるどころか、血栓予防のチャンスまで逃していることになります。

納豆を1日2パック程度食べる方は、普通の納豆を夜に摂取固定し、酢納豆は夜を避けて朝食に食べるのがおすすめです。

便秘予防効果のみ最大ではないにしても、鉄分吸収のメリット・高血圧予防、すべて効果を得ることができます。

お酢の代わりにオススメの組み合わせは?

お酢の代わりに抗酸化、納豆+レモン果汁

お酢の抗酸化作用を求めている方なら、納豆+レモン果汁がおすすめ。

穀物酢、黒酢、果実酢などの酢酸は、ナットウキナーゼを壊す対象ですが、レモン果汁などの柑橘の酸っぱさはナットウキナーゼ壊しませんので代用可能です。

納豆+キムチ

キムチは、納豆最強の組み合わせ。

ナットウキナーゼの効能をしっかり生かしたまま、納豆の納豆菌と、キムチの乳酸菌の発酵食品の組み合わせで、Wで腸内環境を良くします

また、ヨーグルトの乳酸菌よりも、キムチの乳酸菌のほうが腸まで届く力が強いため、腸活のみの方は酢納豆よりこちらのほうがおすすめです。

まとめ

酢納豆は、納豆の鉄分の吸収を助けてくれる効果や高血圧を予防する効果が期待されています。

しかし、酢を加えることで、納豆に含まれるナットウキナーゼの活性が低下してしまい、血栓予防には効果がないと考えられています。また、酢納豆は酸性の食べ物なので、胃の粘膜を傷つける可能性があります。そのため、酢納豆を食べる際には、これらのデメリットを理解した上で、適量を摂取するようにしましょう。

納豆の食べ方を味方につけるととても身体のバランスがとりやすくなり、スタイル維持にも役立ちます。例に上げると、キムチ納豆と酢納豆がライバル関係でおすすめです。

【 関連記事 】

酢納豆の食べるタイミングや成分など詳細を知りたい方向けの記事

【 他、美容効果や健康効果抜群の掛け合わせ食材↓ 】

トマトジュース+レモン果汁

納豆+キムチ

【 他、ダイエットに効果抜群の掛け合わせ食材↓ 】

トマトジュース+MCTオイル

納豆+酢

トマトジュース+玉ねぎ野菜+きのこ類で作るダイエットスープ

コメント

タイトルとURLをコピーしました