コラーゲンの魚・豚・牛・鶏由来の選び方と組み合わせやドリンクタイプなどの効能差ランキング


コラーゲンと効果

コラーゲンは、私たちの体を作る主成分です。肌、骨、関節、毛髪、爪など、全身の組織に存在しています。コラーゲンは加齢とともに減少するため、コラーゲン製品を摂取することで、コラーゲンの補給をすることができます。

食品のコラーゲン摂取のメリット

  • 美容効果:コラーゲンは、肌の弾力やハリを保ち、シワやたるみを改善する効果があります。また、髪の毛や爪を強くする効果もあります。
  • 健康効果:コラーゲンは、骨や関節を丈夫にする効果があります。また、筋肉の成長を促進する効果もあります。

以下は主な効能

  • 肌のハリや弾力を向上させる
  • シワやたるみを予防する
  • 関節の動きを改善する
  • 骨粗鬆症を予防する
  • 美白効果
  • アンチエイジング効果

コラーゲンの原材料と原材料別の特徴

コラーゲンには、原料となる食品、魚由来、豚由来、牛由来、鶏由来の4種類があります。

主に食品に使われているものは、魚由来と豚由来、鶏由来になります。

その中でも、分子や特性によって、水溶性コラーゲン、コラーゲンペプチド、不溶性コラーゲンと種類があり、自分にあった原材料と分子などを考慮して選ぶことが大切です。

コラーゲンペプチド、水溶性コラーゲン、不溶性コラーゲンの違いの記事はこちら

4種類のコラーゲンの特徴と選び方

4種類のコラーゲンの特徴は以下のとおりです。

  • 魚由来コラーゲン 低分子で吸収率が高いのが特徴、最もアレルギーが起こりにくい
  • 豚由来のコラーゲン アミノ酸バランスが良く、美容効果が高いのが特徴
  • 牛由来のコラーゲン コラーゲン含有量が多く、価格が安いのが特徴
  • 鶏由来のコラーゲン 低カロリーでヘルシーなのが特徴

水溶性コラーゲンと不溶性コラーゲン、コラーゲンペプチド

  • 水溶性コラーゲン  一番水に溶けて吸収されやすい。高価。
  • コラーゲンペプチド  水に溶けて吸収されやすいが水溶性コラーゲンほどではない。使い方取り扱いが簡単で、美容食品にてよく使われる。割りと高め。
  • 不溶性コラーゲン  水に溶けない為、腸で働く。善玉菌のえさや、水を蓄えて膨らむため、腸内環境の改善や便秘改善の用途に使われる。安価。

コラーゲンペプチド、水溶性コラーゲン、不溶性コラーゲンの詳しい記事はこちら

食品のコラーゲン製品の選び方

基本的には以下を見て決めましょう。

  • 原料:食品に使われるコラーゲンには、魚由来と豚由来の2種類が主流です。魚由来のコラーゲンは、アレルギーが起こりにくいとされています。魚の方が少し高価で、また、吸収率も少し高くなります。ただし、豚由来には、生成過程で美容成分も含まれている場合があり、自分に合う方を選択することをおすすめします。
  • 含有量:コラーゲンの含有量は、製品によって異なります。効果を期待するなら、最低1日の含有量が10g以上の製品を選ぶと良いでしょう。
  • 価格:コラーゲン製品の価格は、製品によって異なります。価格を重視するなら、簡単に服用できる、チュアブル、ゼリー、サプリメントタイプですが、効能を考えるのであれば、高コスパはおすすめは粉末製品か含有量が多いサプリメントです。
  • 効果:コラーゲン製品の価格は、製品によって異なります。効果を重視するなら、ドリンクタイプが最も効果がある形状といえます。ただし、例外的にかなり高額な高品質サプリメントはドリンクタイプの上を行く場合があります。

ドリンクタイプ、粉末タイプ、サプリメントタイプ、ゼリータイプ、チュアブルタイプの効果違い

コラーゲン製品には、ドリンクタイプ、粉末タイプ、サプリメントタイプ、ゼリータイプ、チュアブルタイプなど、それぞれの種類には、メリットとデメリットがあります。

ドリンクタイプ

ドリンクタイプは、最も効果が高いコラーゲン製品です。味も美味しく作られており、そのまま飲むだけなので忙しい方にもおすすめです。

また、ドリンクタイプは、他の栄養素も高品質なものが多く、種類もたっぷり摂取できるので、美容や健康に効果的です。

粉末タイプ

粉末タイプは、ドリンクタイプと同じように手軽に摂取できます。水やお湯に溶かして飲むだけなので、忙しい方にもおすすめです。

味は、少し癖があるもの~分からないものまでありますが美味しくは作られていません。また、粉末タイプは、ドリンクタイプよりもコスパが良いため、経済的です。

サプリメントタイプ

サプリメントタイプは、最も手軽な製品で基本的には安く手に入ります。

ドリンクタイプや粉末タイプよりもコラーゲンの含有量が多いことも多く、効率的にコラーゲンを補給することができます。また、サプリメントタイプは、持ち運びが簡単なので、外出先でも手軽に摂取できます。

ゼリータイプ

ゼリータイプは、食べやすいコラーゲン製品です。ゼリー状なので、噛む必要がなく、手軽に食べることができます。最も美味しいタイプの製品です。

チュアブルタイプ

チュアブルタイプは、噛んで食べるコラーゲン製品です。チュアブルタイプは、最も手軽な製品で、持ち運びもかさばらず、サプリメントのように水もいりません。気軽にお菓子感覚で食べることができますが、効果がいまいちです。

早見表

メリットデメリット
ドリンクタイプ最も手軽にコラーゲンを摂取できる。味や香りが豊富。価格が高い。
粉末タイプドリンクタイプよりも価格が安い。持ち運びに便利。自分の好きな飲み物に混ぜて飲むことができる。溶けにくい。
サプリメントタイプ最もコスパが良い。服用しやすい。味や香りがないため、飲みにくい。
ゼリータイプ食感が良いため、食べやすい。携帯しやすい。価格が高い。
チュアブルタイプ噛んで食べるため、満足感が高い。携帯しやすい。価格が高い。

効果の高い順ランキング

効果の高い順ランキング

コラーゲン製品の効果は、種類によって異なりますが、主にこのようになります。

効果が出やすいコラーゲン製品ランキング

1位 ドリンクタイプ
2位 粉末タイプ
3位 サプリメントタイプ
4位 ゼリータイプ
5位 チュアブルタイプ

最も効果が高いのは、ドリンクタイプです。

ドリンクタイプは、コラーゲンが最も吸収されやすい形態です。また、味や香りが豊富なため、飲みやすいです。

ただし、サプリメントタイプの中には、由来成分厳選され、高品質かつコラーゲン含有量が多いものもあります。そういった製品は、ドリンクタイプよりも効果が高く出る製品もあり、そちらは例外的でお値段も高額になります。

人気メーカーの紹介

コラーゲン製品を販売しているメーカーはたくさんありますが、その中でも人気のあるメーカーをいくつか紹介します。

  • DHC(デーエイチシ-)
  • FANCL(ファンケル)
  • アサヒグループ食品
  • 明治
  • 森永乳業
  • 大塚製薬
  • 富士フイルム

これらのメーカーは、コラーゲン製品の品質が良く、人気があります。また、さまざまな種類のコラーゲン製品を販売しているので、自分に合った製品を見つけることができます。

食品のコラーゲン製品の摂取方法

コラーゲン製品を食事と一緒に摂取する理由

コラーゲン製品は、単独で摂取しても効果が薄い場合があります。

これは、コラーゲンはタンパク質であるため、他の栄養素と一緒に摂取することで吸収率が向上するからです。

コラーゲン製品をより効果的に摂取するためには

  • コラーゲン製品を毎日継続して摂取する
  • コラーゲン製品を水やぬるま湯で飲む
  • コラーゲン製品を食事と一緒に摂取する

を意識してみましょう。

また、コラーゲン製品は、食事の後に摂取するのがおすすめです。食事の後に摂取することで、コラーゲンが吸収されやすくなります。

コラーゲン製品、コラーゲンペプチドの摂取量は共に、1日あたり10g程度が目安です。ただし、体調や体質によって、摂取量を調整してください。

コラーゲンとの相性の良い組み合わせ

コラーゲン製品と一緒に摂取することで、コラーゲンの生成を促進する働きがある栄養素は以下の通り。

  • ビタミンC特に促進効果が高く美肌目的におすすめの組み合わせ
  • ビタミンE
  • 亜鉛

その他、特にコラーゲン製品と相性の良い栄養素の組み合わせになります。

  • コエンザイムQ10:老化を防ぐ効果があります。
  • ヒアルロン酸:肌の潤いを保ちます。

このように、コラーゲンはビタミンC、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸などの栄養素と相性が良く、一緒に摂取することで、より効果的に吸収され、効果を発揮します。

こちらのサイトの推奨(毎日飲める事が前提)

金銭面に余裕あり

ドリンクタイプ→魚のコラーゲンペプチド又は水溶性コラーゲン使用でビタミンC、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸などの栄養素と相性が良い栄養素が含まれている製品

金銭面に余裕なし

粉末タイプ→魚のコラーゲンペプチドでビタミンC、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸などの栄養素と相性が良い栄養素が含まれている製品

食品のコラーゲン製品の注意点

コラーゲン製品を摂取する際は、以下の注意点に注意してください。

  • 妊娠中や授乳中の方は、医師に相談してから摂取してください。
  • アレルギー体質の方は、原料に注意してください。
  • 過剰に摂取すると、下痢などの副作用が出ることがあります。

まとめ

食品のコラーゲン製品は、コラーゲンの補給に効果的です。ただし、原料や含有量、価格、組み合わせ、摂取方法などを考慮して、自分に合った製品を選ぶようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました